メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォーム助成金の存在ってご存知でしたか?

新規着工の戸建やマンションのみならず、既に建設されている住宅のリフォームやリノベーションにも、補助金といったものや優遇税制はあります。その存在や内容については皆さん果たしてご存知だったでしょうか?

道路や建物の補修工事と同様に、住まいにも補修工事が必要です。例えば、壁や屋根の上塗りは、仮に新築であっても8年から10年で見直す必要があります。 この補助制度を事前に知っていたら、リフォームやリノベーションについても安く済ますことが可能となってきます。

最終的に補助を受けるにあたっての細かい規定については、リフォーム業者に確認しなければいけないと思います。ただし、前提として知ると知らないとでは、見積発注を出すにも差が出てくるでしょう。またその電話やメール対応によって業者を選定するもの一つも手でしょう。

この記載内容で、悔いのないようなリフォームやリノベーションができるようなお手伝いをしたいと思います。


国と自治体のリフォーム補助金制度について

国や地方自治体では、リフォームにおける様々な補助金や減税措置を打ち出していますが、既に終了している制度もありますので注意が必要です。例えば、自治体の省エネ住宅ポイントは平成27年10月で終了しています。省エネ住宅ポイントとは、省エネ住宅推進普及を目的として設けられた制度で、省エネ性能の新築住宅及びエコリフォームを対象とした、ポイント取得による商品還元補助制度(現物支給的なもの)です。

一方、国税の減税措置は現存していますので、現在でも大いに活用できる制度です。大きくは所得税、固定資産税、贈与税に減税が適用されるシステムです。 更に国税の場合には、リフォーム住宅購入の際にも減税措置があります。具体的なリフォーム住宅購入の場合の減税としては、登録免許税、不動産取得税、リフォームに利用できる住宅ローン減税があります。

住宅購入による補助金制度の活用でしたら不動産業者でも詳しく知っていると思われます。リフォームした後の住宅を購入という手も使えるかもしれません。 


リフォーム形態の区別から見た補助金制度とは

個別のリフォームの案件という区切りによって、補助金制度を考えてみてもよいでしょう。例えばバリアフリーリフォームもしかり、太陽光発電システム設置といったことに対する補助金制度、その他省エネリフォーム工事について等々の区分に大別されるといった形、補助金制度も調べれば調べるほど沢山出てきます。 これら個別のシステムや仕様の改築による補助金制度を見据えリフォームしていくこともの一つの手かと思います。

ただしこのような個別案件の補助金制度は、ある一定期間で終了してしまったり、打ち切りになってしまうこともありますので、常に注視してチェックすることが肝心です。


国税によるリフォーム住宅に対する減税措置、所得税では?

自治体で行っていた省エネエコ住宅ポイント制度は現在終了してしまったことは既に記載した通りです。 ただし国税リフォーム住宅に対する減税措置は、所得税、固定資産税、贈与税と三本立てで存在しております。実は時限立法措置といった話のものもありますのでその都度のチェックは必要です。

それでは一体、具体的にその減税措置とはどのようなものでしょうか?ここではまず所得税について取り上げてみます。 続きを読む…


国税によるリフォーム住宅に対する減税措置、固定資産税では?

平成28年3月31日までの時限立法措置となっておりますが、バリアフリー、省エネリフォーム工事についてそれまでに完了すれば、固定資産税の減額を受けることも可能となってます。またリフォーム減税の所得税についてと、固定資産税といったものの減税の両方を併用することができるので、両者使えれば非常に効果的です。ただし投資型減税とローン型減税については併用できない場合もあります。続きを読む…


国税によるリフォーム住宅に対する減税措置、贈与税では?

平成27年1月1日~平成31年6月30日までの間で、父母や祖父母より、住宅取得資金や増改築の費用の援助を受けた場合に、一定の金額についてが非課税になるという減税制度です。契約年によってと住宅の質によってその非課税の上限金額に差があります。詳しくは国税のHPを参考にしたり、税理士に相談したりして確認が必要です。

実際には贈与を受けられる方々が対象となるため、そのような相続人が存在しない場合には心配する必要もないかもしれません。

また相続税とも関連してくることもありますので、税理士への相談が必要となってまいります。続きを読む…


国税によるリフォーム住宅購入に対する減税措置は?

自宅のリフォーム工事という観点で捉えがちの減税措置ですが、リフォーム住宅購入ということでも減税措置は受けられます。大きくはリフォーム住宅を購入した際にかかる登録免許税と不動産取得税がありまして、もう1つについては、リフォームにも利用ができるという住宅ローン減税です。

実際に自宅リフォームと考えている場合には、当てはまらないかもしれませんが、リフォームした後にその住宅を売りに出すとか、逆にリフォーム住宅を購入する際のチェックポイントとしても有効でしょう。

不動産業者や税理士にも聞いてみると分かりますので、気になる場合には相談してみましょう。続きを読む…


バリアフリーリフォームといったものには、さらなる支援もあり?

バリアフリーリフォームでしたら、個別案件での補助金制度は色々とあります。こちらは国税の減免措置と併用は可能かと思われますが、重複しての減額は出来ない場合が多いので、国税申告の際にはその点には注意しましょう。続きを読む…


太陽光発電システム他、もっと個別案件に対する支援は?

現在では多くの自治体において、太陽光発電システムの設置に対する補助、その他の省エネリフォーム工事といったものに対しても、さまざまな補助金政策が施行れています。続きを読む…